梅染工房ひかりでは、身体にも環境にも優しい、伝統的で色彩豊かな染織製品群をお届けします。

【1.山本晃氏監修、和晒の古代染めふんどし 「商標 Izufun」】

Izufun,ふんどし,就労支援,

〜伊豆の自然から生まれた植物染色の世界〜

 

Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色, Izufun,ふんどし,植物染色,

 

Izufun,ふんどし,就労支援,
写真左から、(1)色:媚茶色(こびちゃいろ)/図柄:雫(しずく)、(2)色:緋色(あけいろ)/図柄:渦(うず)、(3)色:縹色(はなだいろ)/図柄:富士、(4)色:山桃色(やまももいろ)/図柄:扇(おうぎ)、(5)色:紫色(むらさきいろ)/図柄:流れ(ながれ)

 

*商品は、5つの色、5つの柄から、お選び頂けます。
*大変申し訳ありませんが、現在紫色のIzufunは、在庫がありません。

 

 

 

<販売価格>

 

「媚茶(こびちゃ)」「緋(あけ)」「山桃(やまももいろ)」「紫(むらさき)」   \3,600−(税抜き)

 

「縹(はなだ)」 \3,900−(税抜き)

 

<サイズ>   横約33cm×縦約108cm、紐約148cm

 

 

(1)素材:和晒(わざらし)

 

  〜「和晒」とは、織りあがった木綿から不純物を取り除き仕上げた木綿生地のことを言います。短時間・高圧力で仕上げられる「洋晒」に比べ、和晒は何日もかけて、じっくりと専用の釡で炊き上げられ、洋晒で焼けた生地表面の毛羽は、和晒では残ります。この毛羽と、生地にストレスをかけない製法が重なり、吸水性・通気性の高い「和晒」が出来上がります。江戸時代から続く製法ですが、現在国内で生産しているのは数社だけです。

 

(2)植物染料

 

@【梅(うめ)】

 

A【山桃(やまもも/別名:楊梅(ようばい))】

 

B【矢車付子(やしゃぶし)

 

C【枇杷(びわ)】

 

D【梅苔(うめごけ)】

 

E【蓼藍(たであい)】

 

F【小鮒草(こぶなぐさ/別名:八丈刈安(はちじょうかりやす)】

 

G【黄檗(きはだ/おうばく)】

 

H【一位(いちい)】

 

I【柘榴(ざくろ)】

 

J【露草(つゆくさ)】

 

 

 

 

京都/知恩院和順会館ギャラリーでの展示会の様子
放課後等デイ,発達障害,学童放課後等デイ,発達障害,学童


Izufunアート

梅染工房,就労支援,草木染,古代染

 

梅染工房,就労支援,草木染,古代染

 

<販売価格>

 

全て一点物。 \3,900−(税抜き)

Izufun友禅

Izufunの最高傑作。

 

梅染工房,就労支援,草木染,古代染 梅染工房,就労支援,草木染,古代染

 

1)正倉院に伝わる伝統的なモチーフを、堰出し友禅の古法によりデザイン化した「鳳凰(ほうおう)」  <販売価格> 18,000円(税抜き)

 

2)正倉院に伝わる伝統的なモチーフを、玉置き友禅の古法によりデザイン化した「青地唐花紋(あおぢとうかもん)」  <販売価格>  15,000円(税抜き)

 

関連ページ

梅染工房について
わが国の植物染色の技術を、私たちは障害を抱えた方々と担って行きたいと考えます。
IzuTabiSocks(草木染め足袋ソックス)
梅染工房の第二号製品です。草木染による天然の和の色を、お手軽に楽しんで頂ける商品として開発しました。植物染料の効能も期待できる肌に身につける商品です。伊豆を旅する Izu Tabi Socks ♪
その他
その他