子供たちの先行きを心配する気持ちが、花を咲かせようとしています。

想い

〜障害を抱えた人を、社会のかけがえのない戦力にしたい〜

 

私たちは、自分で子供たちの働く場所を作ろういう想いから就労支援事業をスタートしました。
この地の自然の恵みを生かし、この子たちと一緒に生きて行こう・・・。
私たちは、障害を抱えたた方と共に生きようとするからこそ、しなやかで力強い助け合うことが当たり前の社会が生まれると考えています。

特徴

1)知的発達の障害に、知識と理解のある職員が沢山います。

 

2)山本晃氏という現役で活躍されておられる現代の名匠のお力を借りています。

 

3)飲食やサービス領域の就労支援施設が多いなか、製造業の就労支援施設です。

 

4)部品の一部加工ではなく全体の流れと最終的な形がわかり、喜びと手応えを感じられます。

 

5)製造工程毎に要求能力が異なるため、自分に合った作業が見つかる可能性があります。

 

6)染料となる植物の採集や栽培、養蚕など、自然と向き合う農とも関係のあるお仕事です。

 

7)植物染色、養蚕、生糸づくりは、わが国の伝統技術を受け継ぐ大きな意義があります。

 

8)生産プロセスは、自然に優しい循環型でナチュラルな内容です。

 

9)小室山総合公園に隣接する素晴らしい環境の中でのお仕事です。

 

10)就労移行支援を併設しており、将来一般就労へ進む可能性もあります。

 

放課後等デイ,就労支援,児童発達支援

概要

1.事業所名 : 梅染工房ひかり

 

2.場所    : 伊東市川奈1261−37(小室山総合グラウンドの近く)

 

3.定員    : 就労移行支援=6名、就労継続支援B型=10名

 

4.営業日   : 月曜日〜金曜日 ※土曜開所時あり
          (日曜・祝日・8/13〜15・12/30〜1/3を除く)

 

5.営業時間 :  平日 8:30〜17:30

 

6.サービス
  提供時間 : 平日 9:00〜15:30  ※左記を基本とし、時間は応相談となります。

 

7.事業内容   (1)植物染色によるアパレル製品の製造・販売
           (2)養蚕
           (3)上記に関わる田畑での農業

 

8.対象者   : 伊東市およびその周辺在住で、知的・精神・聴覚の障がいがあり、
           働く意欲のある18歳以上の方。

 

9.通勤通所 :  ご本人による通勤・通所を基本としますが、ご希望に応じ車両での送迎を行います。

 

【指導者】山本晃(やまもと あきら)
就労支援,発達障害,学童

 

 京友禅の世界で、古代より伝わる「梅染」を復活させた当代きっての染色家。
 先の第62回伊勢神宮式年遷宮では、神宝「玉纏御太刀(たままきのおんたち)」を飾る唐組平帯の染色を手掛けた現代の名匠の一人。
 先の第62回式年遷宮における下記御神宝の糸染は、わが国きっての染色家である京.山本晃氏が、手掛けた(神宮司庁公表資料より)。

 

就労支援,発達障害,学童 就労支援,発達障害,学童

 

【梅染とは】
 明治初期まで行われていた植物染の技法で、ある季節に剪定した梅の樹木に含まれる薄紅の色素で生地を染めるもの。
 京友禅に伝わる技法ながら、一旦途絶え、山本晃氏が復活。元々京友禅の技法は、一子相伝で、これまで外部に伝えないことが多かった。
 そして現在、植物染料での染色技術自体が、世界から失われようとしている。

 

就労支援,発達障害,学童

 

 

【就労継続支援B型とは(ご参考)】
障害者総合支援法(旧 障害者自立支援法)に基づく就労継続支援のための施設です。現地点で一般企業への就職が困難な障がいのある方に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じてその知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。B型は雇用契約を結ばず、利用者が作業分のお金を工賃としてもらい、比較的自由に働ける"非雇用型"です。

 

 

【就労移行支援とは(ご参考)】
障害者総合支援法(旧 障害者自立支援法)に定められた就労支援事業の一つ。一般企業などへの就職をめざす障がいのある方に対し、就労に必要な知識・能力の向上を目的とした訓練や準備、就職活動支援および就職後の職場定着支援を行います。

就労支援記事一覧

梅染工房について

〜神衣(かみごろも)へ〜(1)美しい山と海に囲まれた伊豆半島の自然を最大限に生かし切る。(2)自然に内在する色彩を、神々と受け取る、感性を大切にした仕事。(3)土からのナチュラル製法で、旬を感じ身体に優しい衣料づくり。*私たちは、製品の検品が終わると、神前に捧げてから出荷します。

≫続きを読む

 

Izufun(古代染めふんどし)

〜伊豆の自然から生まれた植物染色の世界〜       写真左から、(1)色:媚茶色(こびちゃいろ)/図柄:雫(しずく)、(2)色:緋色(あけいろ)/図柄:渦(うず)、(3)色:縹色(はなだいろ)/図柄:富士、(4)色:山桃色(やまももいろ)/図柄:扇(おうぎ)、(5)色:紫色(むらさきいろ)/図柄:...

≫続きを読む

 

その他

明治開国当時、わが国の外貨獲得は、シルク糸の輸出が担っていました。しかし、時代と共に養蚕業は衰退し、現在シルクの国内生産量は、国内需要の1%にも満ちません。そして今では、皇居内の紅葉山御養蚕所で、御皇室が伝統技術を守ろううとされておられます。富岡製糸場が世界文化遺産に登録された背景には、このような歴...

≫続きを読む