伊東市が制作している案内に沿って、ご説明致します。

福祉サービス受給者証について

・療育手帳などが無くてもサービスは受けられますが、福祉サービス受給者証(*注.1)の取得にあたっては、伊東市が、児童相談所や医師、保健師等の意見を求めるなどして、決定します。

 

・以下、福祉サービス受給者証を既にお持ちの方に、伊東市が作成している資料に沿って、ご利用の流れをご説明します。

 

【*注.1 福祉サービス受給者証について】

 

・お子様がご利用できる障害福祉サービスには、居宅介護・ショートステイ・児童発達支援・放課後等デイサービス・日中一時支援など、サービスの種類があります。
・その中からご利用したいサービスの種類とご利用できる回数(これを支給量といいます)などを心身・生活の状況等も含めて市が決定すると、ご利用内容が掲載された「福祉サービス受給者証」が交付されます。

 

・その後、各事業所に福祉サービス受給者証を提示して、サービス利用契約を結び、ご利用を開始することができます。

 

・ご利用料金は、全費用の10%または5%のご利用者さま負担がございますが、世帯の収入に応じて、ご負担額の上限が設定されているため、負担額上限月額をオーバーした場合は、それ以上のご負担はございません。

 

・負担上限月額の基準は、以下の通りです。
(1)生活保護世帯                             ――― 負担上限月額      0円
(2)市民税非課税世帯                          ――― 負担上限月額      0円
(3)世帯全員の市民税所得割額の合計が28万円未満の世帯  ――― 負担上限月額  4,600円
(4)それ以外の世帯  ――― 負担上限月額 37,200円

ご利用の流れ

(1)ご見学やHPなどを通じ、ご利用を希望される方は、伊東市の社会福祉課もしくは相談支援センターいぶき(*注.1)に、ご一報下さい。

(2)伊東市及び相談支援事業所との面接相談が実施されます。

(3)ご希望の支給量など、ご相談内容に応じて、伊東市より「福祉サービス受給者証」が発行されます。

(4)「福祉サービス受給者証」を元に、利用に際しての重要事項の説明をさせて頂き、ご契約を結びます。その際、お子様の様子などについても教えて頂きます。

(5)契約締結後、実際のご利用がスタートします。送迎については、幣事業所が、通われておられる学校と連絡を取り合い調整致します。

 

なお、(4)(5)は、最短で、ご利用開始日の当日に、完了することも可能です。先ずは、「福祉サービス受給者証」をお取り下さい。

 

【*注.1 ご相談窓口】

 

伊東市 社会福祉課    tel:0557−32−1532
相談支援センターいぶき  tel:0557−45−6013

 

なお、ご見学や一日体験は、随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

 

放課後等デイサービス・児童発達支援 川奈ひかり
Tel&Fax : 0557−78−0385
e−mail  : kawanahikari@gmail.com

 

放課後等デイサービス・日中一時支援 伊豆小室山ひかり
Tel:0557−52−6824   Fax:0557−52−6825
e−mail  : izukomuroyamahikari@gmail.com

関連ページ

プログラム
遊びや運動で能に刺激を与え、色々な感覚を正しく動かせることを通じて、日常生活に適応させていこうとする療育方法です。
コミュニケーション
保護者の方々、また関係機関の皆様へ、毎月お配りしています。
保護者の声
保護者の方々から寄せられる声と子供たちの笑顔が、私たちの原動力です。
梅染プロジェクト
知的・発達に課題を抱えた子供たちへ、将来健常者と遜色ない賃金を支払える仕組みを構築し、彼らの自尊自立を目指すプロジェクトです。
農の舟プロジェクト
資本主義的な弱肉強食の社会ではなく、農を土台に皆が助け合い、全ての世代が共に集って、分け隔てなく人間らしく生きてゆける元々あった地域社会が、子供たちと一緒に築いてゆけたらと願います。