ひかりは、子供たちの出口を模索しながら、地域共生社会の中核モデルづくりを目指しています。

H.29年度のパブリシティー

取り組み姿勢が興味深いと、京都/知恩院での展示会の様子を、京都新聞と毎日新聞が報じて下さいました。また、地元では、伊豆新聞が一面トップで報じて頂き、静岡新聞でも大きく採り上げて頂きました。なお、日本経済新聞では、伝統ある文化欄に、山本晃先生の歩みとして紹介されています。

 

↓クリックすると拡大されます。
京都新聞
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

伊豆新聞
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

毎日新聞
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

静岡新聞
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

日本経済新聞
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

*なお、知恩院での展示会の様子は、ネットチャンネルKYOでも採り上げられました。

 

梅染プロジェクトin知恩院(You Tube動画)

 

 

H.30年度のパブリシティー

以下は、伝統産業と福祉をつなぐ「伝福連携」、農業と福祉をつなぐ「農福連携」を、立体的に取り組んでいる事例として、東京新聞と中日新聞に、3日間連載頂いたものです。

 

↓クリックすると拡大されます。
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

Izufun,ふんどし,就労支援,

 

Izufun,ふんどし,就労支援,

 

 

 

月間清流(購読者/熟年主婦層)12月号に、インタヴューの内容が掲載されました。
伊東市,放課後等デイ,児童発達,就労支援,伊東市,放課後等デイ,児童発達,就労支援,伊東市,放課後等デイ,児童発達,就労支援,