福祉・医療・教育の分野を、コア活動領域として進みます。

理念

 「もう一つの大きな家を創る」

 

・福祉(児童福祉・障がい者福祉・高齢者福祉)・教育・医療の3機能を通じ、地域で暮らす全ての世代の人々が、誇りと安心を感じるもう一つの大きな「家(イへ)」を創る。

ご挨拶

放課後等デイ,発達障害,学童

 はじめまして。

 私たち一般社団法人ひかりは、ハンディを抱えた子供たちの先行きを心配することから始まり、現在は、放課後等デイサービス、児童発達支援、日中一時支援、就労移行支援、就労継続支援B型、特定計画相談支援、障害児相談支援及びフリースクールを行っている法人です。

 さて、代表を務めさせて頂いております小職は、不思議なご縁に導かれて、児童福祉と障害者福祉の世界に踏み入ることになりました。

 小職の前半生は、メガバンクの銀行員でしたが、それは同時に修羅の道でもありました。
 その後、生死を彷徨う長い時間を通過し、峻険な道のりでしたが、私は少しづつ禅僧として何かを学ばせて頂いる気がします。
 今ある不思議を考えると、この道が、私にとって最適な修行になるのだろうと思います。

 色々なご縁に支えられ、想いに向けて現場が少しづつ組み上がってくると、「全存在は時間的・空間的に相互の関係性を持って繋がっており、全体として一つである(従って、一人ひとりの成長が、全体成長につながる)」という古来より風雪に耐えてきた価値観が、改めて腑に落ちてきます。

 人間の営みの全てを貨幣換算してお金で解決しようとするシステムではなく、顔の見える関係性の中で「お互い様」とマネーを介さずとも助け合える社会。
 貨幣獲得競争を人生の目的にするのではなく、皆でずっと安心して生きて行けるコミュニティーにこそ上位価値を認める社会。

 私は、わが国に少し前まで存在したそんな共助コミュニティーを、現代に沿った形で再建し、雛形の一つを提供できればと考えております。
 障害を抱えて生まれてくる子供たち、障害を抱えるに至った人々。
 一つの場所に、小さな子供からお年寄りまで。

 今、偶然健康でいられる私たちは、この瞬間を天に感謝しつつ、強きは弱きを助けることが当たり前とする慣習を取り戻せば、しなやかで強く温かい大きな家のようなコミュニティーが、きっと築けると思います。 合掌
                     一般社団法人ひかり   代表理事  生田一夫
                      (臨済宗 伊豆小室山禅堂 堂長)

放課後等デイ,発達障害,学童

法人の概要

名称          : 一般社団法人ひかり

代表理事       : 生田一夫(臨済宗 伊豆小室山禅堂 堂長)

本社           : 伊東市川奈1261−77(臨済宗 伊豆小室山禅堂内)
(川奈ひかり)

小室山事業所     : 伊東市川奈1261−37
(伊豆小室山ひかり)
(梅染工房ひかり)
(相談ステーションひかり)
(フリースクール ひかり伝統文化学院)

事業内容     (1)放課後等デイサービス・児童発達支援 川奈ひかり
             Tel:0557−78−0385  E-mail :kawanahikari@gmail.com

           (2)放課後等デイサービス・日中一時支援 伊豆小室山ひかり
             Tel:0557−52−6824 E-mail : izukomuroyamahikari@gmail.com

           (3)就労移行支援・就労継続支援B型   梅染工房ひかり
             Tel:0557−52−6824  E-mail : izukomuroyamahikari@gmail.com

           (4)計画相談支援・障害児相談支援  相談ステーションひかり

           (5)フリースクール ひかり伝統文化学院


地図
放課後等デイ,発達障害,学童

放課後等デイ,発達障害,学童
臨済宗 伊豆小室山禅堂内に、児童発達支援・放課後等デイサービス 川奈ひかりがあります。

放課後等デイ,発達障害,学童
放課後等デイサービス/伊豆小室山ひかり、就労移行支援・就労継続支援B型/梅染工房ひかり、計画相談支援・障害児相談支援/相談ステーションひかり、フリースクール/ひかり伝統文化学院は、小室山総合グランド横の広い敷地の中ににあります。なお、小室山ひかりでは、日中一時支援も行っております。

私たち